【体メンテナンスオーガニック】

美味しいジンジャーシロップとオーガニックのバルサミコのご紹介です。

 

ジンジャーシロップ

 

豊橋のココラフロント2階にある、「豊市・TOYOICHI」で販売しているジンジャーシロップ

BRF(Brooklyn Ribbon Fries)ブルックリン・リボン・フライのシロップです。

 

このジンジャーシロップを作った人がすごい人でした😲👏

 

 

BRFについて

 

Kiyo Shinoki氏、ブルックリンに暮らすシェフでNYで紹介制レストランのエグゼクティブシェフ兼ディレクター。

ヒットメニューの数々がニューヨーク・タイムズ紙など、多くのメディアで取り上げられ、世界的に有名なシェフらしいです!

 

Kiyo氏は世界中を歩き、美味しいジンジャーエールのレシピを確立。

お家で手軽に飲める様にという想いから、このジンジャーシロップが商品化されたんですって。

すごい方ですね!

 

飲み方

ソーダで割ってジンジャエールとして飲むのが基本形。

紅茶でジンジャーティー。お酒で割ってカクテル

 

お料理にも使えるし、デザート作りにも使えるらしですよ〜

 

私はまず、味見でお湯で割って飲んでみました。

美味しい〜〜🥰

クローブシナモンなどハーブの香りが深みのある味になっています。

次に昼はソーダ割り、夜はラムでカクテルにしてみようかな〜♡

外に行けない分、お家でささやかな楽しみが増えました🏠

 

 

オーガニックバルサミコ酢

 

生産者について

 

「カーサ・デル・バルサミコ・モデネーゼ」

19世紀はじめに誕生した老舗バルサミコ工房。

1993年、イタリアで初のオーガニック認証を取得した伝統的バルサミコ(12年熟成)を作り上げた、情熱あふれる生産者です。

( ↓ ・・・とボトルに書いてありました!)

 

バルサミコ酢とは

 

ぶどうから作られた酢=バルサミコ酢です。

こちらのバルサミコ酢は、有機栽培したワイン用のぶどうを使用しているからかとっても豊潤な香り♫

カラメル等など、余分な物も加えてないから安心です😊

 

使い方

 

 

私がバルサミコ酢を使う時の定番は、サラダのドレッシングです。

今まで使っていた、バルサミコ酢の中で甘みがあり、とても使いやすい😊

ボトルにはオリーブオイルと混ぜてってありますが、私はそのままでも美味しく頂けましたよ〜。

さらっとしたフレッシュな味で、ドレッシングとして使いやすいです♫

 

多分、ソーダで割って飲んでもおいしそう!

今度試してみよっと♡

 

このボトルに、お肉料理に煮込んで濃厚ソースにも良いと紹介されています。

我が家の常備食品、コスパ最高の「とりムネ肉」。

オリーブオイルでとり肉を焼いて、仕上げに濃厚ソースにしたバルサミコ酢を絡めても美味しそう🧑‍🍳✨

 

最後に

自宅でお過ごしの方が多い今、いつもの食材に1点新しい仲間を加えただけで楽しみが増えた我が家でした。

参考になれば嬉しいな〜😊

 

 

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

*♡Naoko♡*